オズのメソッド!

目標はパソコン大先生

Ubuntu 13.04をいれたNexus7 (2012)をAndroidに戻す

Ubuntu13.04がインストールできるとのことで中古購入したNexus7 (2012) Wi-Fiモデル。

買った時は、Bluetoothキーボードをつないで、ミニマリスト的な開発環境構築を妄想していた。

結論から言うと、個人的に実用性がイマイチだったため、Androidに戻すことに。

レスポンスはそれなりによかったが、Ubuntu for Nexusの13.04以降が出ていないこと(で、やっぱりセキリュティ的に不安)と、開発用途ではメモリ1GBだと厳しいという2点で使用断念。どっちもやる前からわかってただろって話だけど。

結局ネット閲覧や、その他のアプリをユーザーとして使うだけなら、Androidのままのほうが恩恵は大きいよね、と。

 

しかし、プログラミングをするならAndroid環境は不要!という信念の下、Ubuntuを上書きインストールしていたため、復元にはFactoryImageを焼く必要がありました。いわゆるROM焼きです。

 

以下を参考に作業を進めました。

操作はUbuntuから。以下の手順でやると端末のデータがすべて消えます。自己責任で!

andmem.blogspot.jp

 

bootloaderのunlockと、Android SDKの導入が必要です。

ubuntuいれた人ならunlockのほうはしていると思います。

 

そして、Googleの公式サイトからFactory ImageをDL。

今回はNexus7 (2012) Wi-Fiモデルなので"nakasi" for Nexus 7 (Wi-Fi)のリストから5.1.1 (LMY47V)を選択。

セキリュティ面も考慮するとできるだけ新しめのOSがいいですね。

落としてきたzipをunzip。解凍したディレクトリにもうひとつzipがあるのでこいつもunzipしときます。

ここで、Nexus7を、ブートローダーを起動した状態にしてPCとつなぎましょう。

Ubuntuを上書きインストールしていたので、そもそもadb, fastbootなどのコマンドが使えるのか?と不安を覚えましたが、Nexus7は、たとえUbuntu13.04を上書きインストールしていても、完全に電源を落とした状態で「電源ボタン」+「音量+ボタン」+「音量-ボタン」の同時押しでブートローダーを起動できます(ドロイド君が倒れてお腹が開いた画面になる)。

この画面になるとfastbootを受け付けます。

また、この画面で音量ボタンで「START」などの項目を選択、電源ボタンで決定できますが、Nexus側ではこれ以上は操作しません。

この状態で、さきほどの解凍したディレクトリにあるflash-all.shを実行すれば後は自動でやってくれます。

無事、Androidが起動できれば成功です。